プロミス利用者のレビュー

プロミスを利用する方の声やレビューを集めてみたところ、多くの会員や利用者の方が「非常に満足している」「申し込んで良かった」という感想を述べていました。口コミの中から、プロミスのデメリットを探してみたのですが、マイナスの意見を述べているのは「審査で否決された……」という方の意見が殆どでした。プロミスは、審査に通りやすいカードローンとして知られているのですが、他社での借り入れが3社以上であったり、返済状況が滞っているような方は、否決される事が多くなります。
プロミスは、総量規制の対象となるローンです。このため、年収の1/3以上の借り入れをする事は出来ません。また、専業主婦や無職の方も申し込む事が出来ないので、注意して下さい。学生の方は申し込む事が出来ますが、20歳以上で、アルバイトなどの仕事を持っている事が条件となります。
学生や主婦で仕事(アルバイト・パートなど)を持っている方の最大の貸し付け額は、平均30万から最大50万円までと言われています。50万円未満であれば、収入証明書の提出が不要となる事が殆どです。ただし、他社との借り入れの合算が50万円を超えるような場合は、収入証明書の提出が求められます。
プロミスのレビューの中には「他社で断られたのに、プロミスは少額融資に応じてくれた」という声も多く見られます。出来るだけ会員が利用出来るように考えてくれるというのが、プロミスの大きなs特徴と言えるでしょう。
参考:プロミスの店舗一覧

消費者金融比較サイトの見つけ方

今はお金がないと生活をしていくのが難しい時代です。食べ物を自給自足で手に入れるということも一般人ではなかなかできないことでしょう。いざというときにお金がないと、食べることもできなくなってしまうものなのです。ですから、お金がないときには人から借りたりすることになります。
しかし、人からお金を借りるということをしていくのにあたっては、後でもめたりする可能性があることを忘れてはいけません。それを避けるには、金融会社から借りることを検討したほうがいいでしょう。
金融会社といってもいろいろなジャンルがあります。銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがあるのですが、その中でも即日で審査や融資が受けられるのが消費者金融になります。どこの会社から借り入れをすればいいのかということもなかなかわからないものですが、そういった時には消費者金融比較サイトを見ながら、自分に合ったところを見つけるようにするといいでしょう。
そこで消費者金融比較サイトをまず探すにはどうすればいいのでしょうか。最近はスマートフォンやPCが普及していて、どこにいても誰でもインターネットで物事を調べることができるようになっています。ですから、キーワードを入れて検索してみるといいでしょう。
複数の会社を比較できるようなサイトを探してみると、特に大手などでは口コミ情報などもあったりして、借りやすく、自分の条件に合ったところを見つけることができるでしょう。

過去の消費者金融cm宣伝あれこれ

消費者金融のcmはその会社によって特徴があります。ここでは過去の消費者金融のcmについていろいろ書いていきます。まず武富士は、「ダンス」というのが基本路線としてありました。サンバ調やエアロビ調、そして女性の集団でのダンスなど、宣伝方法のメインは伝統的に「ダンス」で、それに付随してその他の宣伝方法がなされていました。
アコムは、昭和時代は有名なタレントを宣伝のキャラクターとして積極的に使うなど、「知名度」を意識した広告戦略でした。平成に入って無人契約機の設置を増やしたとき、宇宙人をイメージした見た目のインパクトを狙う広告に変わり、方針転換しています。その後21世紀に入ると、今度は愛嬌ある女性タレントをメインに起用し、「親しみやすさ」を強調する宣伝方法に変わりました。
プロミスは、タレントを起用したり、cmモデルを起用したり、アニメ調の宣伝になったり、イメージ広告っぽい宣伝になったりと、頻繁に宣伝方法が変わっているイメージが強いです。その中でもプロミスの看板を強調した宣伝・広告は、プロミスの中でも比較的インパクトが強いものでした。特徴としては、その時代に応じて、その時代にリンクするように宣伝方法を変えている印象です。
アイフルは、昔から長らく女優や女性タレントを単独でイメージキャラクターに起用するなどの宣伝方法でしたが、ここも自動契約機の導入のときに、地蔵をイメージしたオリジナルキャラクターを中心にして、宣伝の独自性を強めました。その後はチワワを中心とした広告で、ソフトなイメージをだす宣伝戦略が当たりました。基本的には、広告戦略の路線は消費者金融の中でも、はっきりしている会社のイメージが強いです。